私が新築で注文住宅を建てる際に後悔したのはキッチンの収納スペースです。

我が家には少し少なすぎました。注文住宅では一度注文してしまったら基本的に設計を変えることはできないので今とても困っています。

どれくらいものを収納できるかきちんと確認するべきでした。収納棚などの高さが可変的なものにしなかったことも後悔しています。高さが変えられないのでお鍋などの収納にとても不便です。

設計の段階で十分に要望を伝えていれば回避できたと思います。私が料理が好きなので、きっちんはこだわってお願いしたつもりでした。

しかし、その分所有しているキッチンツールは増えていく一方なので収納場所を十分確保しておくべきでした。高さのある鍋などもあるので、棚の高さを変えられるようにしておけば無駄なく収納スペースを使えたのではないかと思います。

またうちのキッチン収納は開き戸タイプですが引き戸にすればよかったです。開けた扉が干渉して十分扉が開かない場所がありとても不便です。

実際に設計の段階で相談しておけばよかったなと思っています。

これから注文住宅を建てようと考えている人はできるだけ具体的に自分の家のイメージを固めて置くことが必要です。モデルルームなどには何度も足を運んで実際のものをみたほうが良いと思います。